ボールウォッチの時計はここが凄い!魅力やオーバーホール料金を解説!

ボールウォッチ(BALL WATCH)は時計好きから根強い人気を誇っており、数多くある腕時計ブランドの中でも実用性に優れている腕時計が多く生み出されています。

もちろん実用性だけでなく精度やデザイン性を気に入って購入する人も多く、一生モノ・少し特別な腕時計を購入したいと考えている場合におすすめです。

ボールウォッチ(BALL WATCH)の腕時計はどのような魅力があるのか、特徴や評価・評判、コレクションごとの特徴・オーバーホール料金などを詳しく解説をしていきます。

・ボールウォッチについて
・ボールウォッチのここが凄い!5つの魅力
・ボールウォッチの評価・評判
・ボールウォッチのコレクションごとの特徴
・ボールウォッチのオーバーホール料金相場

ボールウォッチ(BALL WATCH)とは?

ボールウォッチ
ボールウォッチはアメリカ生まれの時計ブランドで、1891年に誕生しました。
当時のアメリカは鉄道産業が賑わっていましたが列車同士が衝突する事故「キプトンの悲劇」が起きました。
列車事故「キプトンの悲劇」は「鉄道員のずさんな時間管理」が原因だったのです。
鉄道員のずさんな時間管理を無くすためにボールウォッチはBALL鉄道公式時計を生み出し、鉄道員たちに「正確な時間」を提供しました。
ボールウォッチが表示する「ボールタイム」は「正確な時間」とまで称賛されたほどで、今でも高精度な腕時計をたくさん生み出しています。
過酷な環境下で働く鉄道員が使える&精度が高い腕時計を生み出しているという点がボールウォッチのブランドの歴史になります。

ボールウォッチのここが凄い!5つの魅力

次はボールウォッチならではの魅力を5つ解説をしていきます。
どのような特徴があるブランドなのか・腕時計なのか気になる人は参考にしてください。
  • 男らしさを感じる力強いデザイン
  • 抜群の耐久性
  • 時計業界がうなる機能性
  • コストパフォーマンスに優れている
  • 日本人男性でも愛用しやすいサイズ感

魅力①男らしさを感じる力強いデザイン

ボールウォッチ
出典:http://www.threec.jp/
ボールウォッチは多くの時計ファンを虜にしているブランドですが、多くの男性を魅了しているのが「力強いデザイン」という点が挙げられます。
ボールウォッチの腕時計はシンプルながらも武骨で男らしいデザインが多く、腕元にかっこよさ・男らしさを作ることができます。
スタイリッシュなデザインは年齢問わず似合うため、30代から60代までの男性に人気です。

魅力②抜群の耐久性

ボールウォッチ
出典:https://www.ballwatch.co.jp/
さらにボールウォッチの腕時計は耐久性にこだわって作られており、タフな腕時計としても知られています。
というのも、アメリカの鉄道員の環境下は過酷で、タフな腕時計でなければ壊れてしまいやすく、正確な時間の表示も難しい状況でした。
そのため、ボールウォッチでは精度とともに耐久性にも力を入れて開発されており、今でもタフな腕時計として時計業界の間では有名です。
実際にボールウォッチでは特殊な技術が必要な「904L ステンレススティール」を使っている腕時計もあります。
904L ステンレススティールはクロム・モリブデン・ニッケル・銅の含有量が高く、腐食やさび・酸に対して優れた耐性を備えています。
耐久性が抜群に優れているという点がボールウォッチの人気があるポイントです。

魅力③時計業界がうなる機能性

ボールウォッチ
出典:https://www.ballwatch.co.jp/
ボールウォッチが人気のポイント・魅力としてさらに挙げられるのが「機能性」です。
腕時計でも日付表示機能や曜日表示機能などの使い勝手が良い機能が搭載された腕時計がたくさんありますが、ボールウォッチも多くの機能が腕時計に搭載されています。
数多くある機能の中でもすごいと絶賛されているのが夜光システム「マイクロ・ガスライト」です。
「マイクロ・ガスライト」スイスのレーザー技術によって生み出された新しい夜光システムとなり、多くの腕時計に採用されている夜光塗料のおよそ70倍の明るさを実現しています。
さらに明るいだけでなく、10年以上にわたって光続けるため、夜光塗料を再塗布するメンテナンスなどは必要ありません。
暗い環境で抜群の使いやすさを誇るのがボールウォッチならではの技術・魅力です。
ボールウォッチ
出典:https://www.ballwatch.co.jp/
他にも忘れてはいけないのがボールウォッチの精度です。
というのも、ボールウォッチは高い精度を維持するために「スプリングロック耐震システム」を採用しています。
スプリングロック耐震システムとは、外部からの衝撃を守ってくれる耐衝撃性の機構で、ひげゼンマイを保護するシステムです。
外部からの衝撃を66%程度減少させるため、時計の心臓部のひげゼンマイを傷めない点からも時計を長く使える&高い精度を維持してくれます。
実用性に優れている点や高い精度が維持できるという点から長い人気を誇っています。

魅力④コストパフォーマンスに優れている

お金
精度・機能性にも優れているボールウォッチですが、実用性に優れた複雑機構の腕時計は技術などの関係によりどうしても価格が高くなってしまいやすい傾向があります。
精度や機能性を考えると50万円から100万円をしてもおかしくない腕時計ですが、ボールウォッチでは30万円~50万円程度の価格帯です。
価格帯から考えてもコストパフォーマンスに優れていると時計業界で絶賛されています。

魅力⑤日本人男性でも愛用しやすいサイズ感

腕時計

※イメージ画

他にもボールウォッチでの魅力では、サイズ感も日本人男性に合っています。

日本人男性は海外の男性と比べると腕が細く、腕時計のサイズでも38mm~40mmの間が似合いやすいと言われています。

ボールウォッチの腕時計は40mmのサイズが多いため、スーツと合わせても違和感のないおしゃれな印象を作ることが可能です。

魅力⑥細部までこだわりぬかれたデザイン

ボールウォッチ
出典:https://www.ballwatch.co.jp/
さらにボールウォッチの腕時計では、細部までデザインがこだわっている点から腕時計好きを魅了しています。
裏ブタ部分には鉄道のレリーフデザインが施されており、裏ブタを見ることによってボールウォッチの歴史を思い浮かべることが可能です。
デザインのこだわりはボールウォッチファンを増やしているポイントになっています。
関連記事

オリス(ORIS)は時計好きの間で高い人気を誇り、高品質・高精度・リーズナブルな価格帯が魅力的なブランドになります。多くの人をうならせる素晴らしい時計でもあり、腕時計にこだわりたい人におすすめです。オリス(ORIS)の腕時計[…]

オリス

ボールウォッチの評価・評判はどう?

Twitter
ボールウォッチは時計ファンから人気ですが、評価・評判が気になるという人も多いです。
ボールウォッチの評価・評判は結論から挙げると評判が良いです。
他の腕時計と比べると耐久性が申し分ない上に、機能が豊富で使いやすいという声がSNSやネット上で多く挙がっています。
機能性に優れた腕時計が欲しい・耐久性に優れた腕時計が欲しいと考えている人にはボールウォッチの腕時計がおすすめです。

ボールウォッチは7つのコレクションがある!特徴や魅力を解説!

ボールウォッチ
出典:https://www.ballwatch.co.jp/
世界各国の時計好きを魅了しているボールウォッチですが、ボールウォッチは大きく7つのコレクションに分かれます。
それぞれのコレクションごとの特徴について解説をしていきますので、ボールウォッチの腕時計が気になる人は参考にしてください。
  • エンジニアハイドロカーボン
  • エンジニア
  • エンジニアマスター
  • エンジニアM
  • ロードマスター
  • トレインマスター
  • ストークマン

エンジニアハイドロカーボン

腕時計の中でもダイバーズウォッチが欲しいと考えている人におすすめなのが「エンジニアハイドロカーボン」です。
ボールウォッチならではの高い耐久性を兼ね備えているとともに、高い防水性能を誇ります
最大12時間までの経過時間が計測可能な「クロノグラフ」が搭載されたモデルやシンプルで実用性に優れたデイモデル・デイデイトモデルなどがあるため、自分が使用する機能に合わせて腕時計を選ぶことも可能です。
高い耐水性は水仕事やマリンスポーツにも対応しているため、アウトドアを楽しみたい人にもおすすめになります。

エンジニア

ボールウォッチの「エンジニア」は実用性に優れた腕時計として人気があります。
エンジニアは「耐衝撃性」と「耐磁性」を意識して生み出されており、高い精度を維持し続けることができやすいコレクションです。
ムーブメントを覆っている部品には素材に透磁率の高いミューメタルが使われており、80,000A/mの耐磁性を実現しています。
近年はスマホやタブレット・パソコンなどをはじめ、磁気を発生させるものが増えているので、耐磁性は腕時計の中でも重要なポイントとなっています。
エンジニアは日常生活でも使いやすい腕時計になるため、普段使い用の腕時計を探している人におすすめです。

エンジニアマスター

エンジニアマスターはプロアスリートに向けて開発が行われているコレクションです。
回転計算尺機能を備えたクロノグラフモデルや世界24都市に対応したワールドタイム機能・300mの高い防水性能など、専門的なシーンで活躍してくれる腕時計になります。
中でもワールドタイム機能が搭載された腕時計は実用性に優れており、海外出張・海外旅行が多い人におすすめです。
自発光マイクロガスライトも搭載されている上に、シースルーバックデザインの腕時計もあるため、裏ブタ部分からムーブメントの動きを眺めて楽しむことができます。
シースルーバックデザインの他にもフリーダイビングの世界記録を4度更新したギョーム・ネリーのレリーフがデザインされた腕時計もあるため、時計好きからも高い人気を誇るコレクションです。

エンジニアM

エンジニアはボールウォッチの腕時計の中でも精度が高い腕時計が欲しい人におすすめです。
エンジニアMは80時間のパワーリザーブやスイスの公式クロノメーターCOSCに認定を受けている自社開発ムーブメントが搭載されているコレクションになります。
長時間駆動を意識して地盤やゼンマイなどのパーツが開発されており、金曜日の夜に外しても月曜日の朝まで稼働しているため、再度ゼンマイを巻きなおす必要もありません。
7つのコレクションの中でもシンプルなデザインになるため、ビジネスシーンやフォーマルシーンでも活躍してくれる腕時計です。

ロードマスター

ロードマスターは2019年に生み出されたコレクションで、ケースやブレスが一体化している点が特徴のコレクションです。
精度が高い上に、独自開発されたワールドタイム・パワーリザーブ表示機能・GMT機能など複雑機構が魅力の腕時計になります。
カラーバリエーションも「ブルー&ブラック」「レッド&ブラック」「ブラウン&ブラック」「グリーン&ブラック」「ブラック」「ブルー」の6色あるため、好みやファッションコーデに合わせて選ぶことが可能です。
おしゃれさや複雑機構の腕時計を楽しみたい人におすすめになります。

トレインマスター

トレインマスターはアラビア数字にエナメルの文字盤が特徴的な腕時計です。
クラシカルなデザインは落ち着きのある上品な印象を作り、大人の貴高さも演出してくれます。
シンプルなデザインやクロノグラフデザインなどもあり、自分の好みに合わせて選ぶことが可能です。
懐中時計を想起させる大型リューズが採用されたレトロチックなデザインも多く、アンティークウォッチ好きの心もつかんでいます。

ストークマン

鉄道に必要なボイラーの火を管理する「機関助手」の名を冠に持つ「ストークマン」は機能性とシンプルなミニマルデザインを重視しているコレクションです。
シンプルだからこそ視認性に優れている上に、耐衝撃性能や100mの防水性能が搭載されているため、実用性に優れています。
腕時計の中でもシンプルで使いやすいスタンダードモデルが欲しい人にはストークマンがおすすめです。
関連記事

オメガは日本で輸入されている腕時計の中でも有名ブランドで、ロレックスとともに高い知名度・人気を誇る時計ブランドです。スイス生まれの時計ブランドですが、洗練されたデザインは男性女性問わず多くの人を魅了しています。オメガはどのよ[…]

オメガ

ボールウォッチのオーバーホール料金相場

ファクトリー
ボールウォッチの腕時計を長く使うためにも、オーバーホールを行う必要があります。
オーバーホールは3年~4年の周期で行うのが好ましく、定期的にメンテナンスを行うことで何年・何十年と使うことが可能です。
下記は時計専門店と正規カスタマーサービスでの比較になります。
正規カスタマーサービスA店B店C店
クォーツ式・手巻き式33,000円~22,000円~33,000円~23,000円~
クォーツ式・手巻き式3針44,000円~22,000円~33,000円~28,000円~
自動巻き(GMTなど)55,000円~33,000円~44,000円~35,000円~
自動巻き(クロノグラフ)66,000円~33,000円~66,000円~66,000円~

カスタマーサービスではボールウォッチのメンバー会員が存在し、下記のように金額が変わります。

  • クォーツ式・手巻き式:33,000円~→16,500円~
  • クォーツ式・手巻き式3針:44,000円~→22,000円~
  • 自動巻き(GMTなど):55,000円~→27,500円~
  • 自動巻き(クロノグラフ):66,000円~→33,000円~

腕時計の状態やモデル・複雑機構によってオーバーホールの料金が変わりますので、オーバーホールの目安にしてください。

多くのファンを魅了するボールウォッチの腕時計

ok

ボールウォッチの腕時計は多くの時計ファンを魅了しており、実用性&コストパフォーマンスに優れた腕時計になります。

耐衝撃性能をしっかりと意識して作られているため、タフな腕時計が欲しいと考えている人にもおすすめです。

裏ブタに鉄道のレリーフが施された腕時計なども多いので、歴史を感じる腕時計や実用性に優れた腕時計が欲しい人はボールウォッチの腕時計をチェックしてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク
ボールウォッチ
最新情報をチェックしよう!
>腕時計情報メディア 「Wrist Watchs Media」

腕時計情報メディア 「Wrist Watchs Media」

「Wrist Watchs Media」はよりよい腕時計と出会えるための腕時計に関する情報配信を行っています。おすすめ買取店舗や修理店・各ブランドの人気腕時計などを紹介していますので、腕時計が好きな人や自分へのご褒美・プレゼント用に腕時計の購入を検討している人は参考にしてください。最新の腕時計情報やお得な腕時計情報などがありましたら掲載していきます。時計の販売・修理専門店や買取店の相互リンク・被リンク等も募集していますので、ぜひご連絡ください。

CTR IMG